HyperX Cloud Stinger

ゲーミンググレードの指向性50mmドライバー

精度を追求した50mmの指向性ドライバーは、音の発生源を正確にプレイヤーに伝えるとともに、ゲーミンググレードの音質を実現しています。

わずか275gの軽量ボディ

HyperX Cloud Stingerの本体重量は僅か275gのため、頭部に負担を感じさせません。長時間のゲームセッションにおいても疲れ知らずです。

装着自由度の高い90度回転式イヤーカップ

イヤーカップは90度回転する機構になっており、頭部の形状を問わずフィットします。安定した装着感で快適にプレイすることができます。

HyperX独自の低反発クッション

HyperX独自の低反発クッションにより、長時間のプレイでも痛みを和らげ快適にプレイできます。

サイズ調整可能なスチールスライダー

サイズ調節用の高品質なスチールスライダーは、長期間にわたる耐久性を発揮します。

直感的に操作できる音量コントロール機能

音量スライダーは右のイヤーカップの下部に配置。音量を簡単に調節できます。

スイングでミュートが可能なノイズキャンセリングマイク

マイクに組み込まれたパッシブノイズキャンセリングによって、ノイズがカットされ、音質がクリアになります。また、マイクを縦方向に跳ね上げれば手軽にミュートできます。このヘッドセットは、TeamSpeakとDiscordによって認定され、Skype、RaidCall、Ventriloを含む主要なチャットプログラムに対応します。

マルチプラットフォーム対応

HyperX Cloud StingerはPC、Xbox One、PS4、Wii U、モバイルデバイスに対応し、3.5mmの4極ステレオプラグと、PC分配用のステレオおよびマイクプラグ付き延長ケーブルが付属します。すべてのデバイスで手軽にご使用いただき、Cloud Stingerの快適性と、強化されたオーディオ体験をお楽しみください。

HyperXについて

HyperXは、高速DDR3/DDR4メモリ、SSD、USBフラッシュ・ドライブ、ヘッドセット、キーボード、マウスなどを扱う、Kingston Technologyのハイパフォーマンス製品部門です。ゲーマー、オーバークロッキング愛好家、熱心なファンを対象とするHyperXは、品質、パフォーマンス、イノベーションで世界的に知られています。HyperXはeSportsにコミットしており、青字を後援し、Intel Extreme Mastersのメインスポンサーを務めています。HyperXは、China Joy,PAX, DreamHack,ESL Oneなど、多数の展示会などで見かけることができます。

下記店舗に展示品をご用意しております。

※店舗状況により展示製品が変更されている場合がございます。
ご来店前に店舗様までお問い合わせください

製品名

HyperX Cloud Stinger

型番

HX-HSCS-BK/AS

製品コード

0740617255492

マイク

方式:エレクトレットコンデンサーマイク
極性パターン:単一指向性、ノイズキャンセリング
周波数:50Hz~18,000 Hz
感度:-40dBV (0dB=1V/Pa、1kHz)

ヘッドホン

ドライバー:ネオジム磁石、ダイナミック50mm径
タイプ:サーカムオーラル、密閉型
周波数応答:18Hz~23,000Hz
インピーダンス:30 Ω
音圧レベル:102 ± 3dBSPL/mW(1kHz時)
T.H.D.:2%以下
入力電力:定格 30mW、最大 500mW

ケーブル長

ヘッドセット(1.3m)、延長Y字ケーブル(1.7m)

接続方式

ヘッドセット – 3.5mmプラグ(4極)、延長ケーブル – 3.5mmステレオおよびマイクプラグ

重量

275g

保証

2年保証

※本製品は改良の為仕様を変更する場合がございます。予めご了承下さい。

 

お問い合わせ

  

こちらの製品についてのお問い合わせは、SCPピット(サポート)までお気軽にお問い合わせ下さい。

© 2002-2021 Milestone International Japan Co., Ltd.

Welcome!

This is popup preview that you can fill with any content you want.

The plugin include some shortcodes, you can read more about them at the bottom of this page. The main 3 sections to configure the popup are:

Appearance: Where you edit the look and feel of the popup.
Display Rules: Here you choose on which page to display the popup (Set to all by default)
Display options: Some important settings about the plugin, being the more important trigger action.